FC2ブログ

プロフィール

masurin33

Author:masurin33
熊本ヒッポブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月22日(土)Dr.スザンヌ講演会in福岡

10月22日(土)マサチューセッツ工科大学のスザンヌフリン教授の
講演会へ行ってきました。
スザンヌ教授について、紹介いたします。

Dr.Suzanne Flynn
(スザンヌ・フリン)
マサチューセッツ工科大学
言語学教授
幼少のころから母語以外のことばを話すことに対して興味をもつ。
1983年コーネル大学にて学位取得。
現在、米国マサチューセッツ工科大学にて言語学及び多言語における言語獲得研究の教授として活躍中。
ノーム・チョムスキー博士(1928年~)の学説として有名な「普遍文法(Universal Grammar)理論」も含め、30年以上にわたり人間の言語獲得の秘密や環境について研究。
「多言語を話すことは人間にとって自然である」
「人間の言語獲得能力には限界がない」
「自然な多言語環境/体験は人間の知性を伸ばす」
「多言語人間は認知症になり難い」
などのユニークな学説を提唱している。
----
と、その分野では、最先端の研究をしていらっしゃるかただそうです。
講演会の中では、ヒッポの事を「すばらしい活動!」と何度も言ってくださっていて
「ヒッポの活動ってすごいんだなぁ!」とまた思いました。

一緒にいらしていた、榊原さんと中学生のころからの友人といわれた「大和田先生*1」のお話もとてもよかったです。この活動は、世界を平和にする。というようなお話をしてくださいました。大和田先生に密着していた福岡メンバーのテリーも、こんな機会に恵まれて本当によかった!といわれていました。
*1大和田康之氏(言語交流研究所理事/在米国国際基督教大学財団理事)

福岡講演会(電気ビル地下)での準備・打ち合わせの様子
1

スザンヌ先生の紹介を鈴木堅史理事がなさいました。
スザンヌ先生や酒井邦彦先生などが、「ヒッポの活動、これまでの資料など、是非研究を一緒にすすめて行きたい」とおっしゃって応援してくださっているそうです。
遠くに見えるのは堅史さん。
1

スザンヌ先生のお話。参加者は約180名。
2

子供たちや、邦子さん、昌治さんなど多言語や言葉を見つける体験などを話されました。
2

最後に神川さん(西日本ヒッポ代表)のお話がありました。2ヶ月と5ヶ月の赤ちゃんが話している
決定的瞬間を録音したものを会場に流されて「こんな貴重な資料があるのはヒッポだけ!」といわれました。本当にたくさんの人たちがヒッポの中で体験を通して「やっぱり自然はこうなんだ!」ということをみつけ続け、この活動が30年間も続き(実際はもっと前から)、これからもまたみんなで見つけ続けていくなんてすごい冒険!!だと思いました。
3

懇親会に参加したなはとまつもはスザンヌ先生と一緒に記念写真をとりました♪
気さくなかたでしたが、ヒッポに出あわれてからより一層明るくやわらかくなられたそうです。
またこれからのご活躍が楽しみです。福岡までお越しいただきありがとうございました!
3
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://masurin33.blog45.fc2.com/tb.php/185-55ce6518

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。